2011/09/04 Sun

[米市場の日本株で明日をヨム] 日本株ADR2日、売り優勢

【NQNニューヨーク】米2日、米国株式市場で、日本株のADRには売りが優勢だった
米株式市場でダウ工業株30種平均が大幅に続落したこともあり、幅広い銘柄が値下がりした
ソニーやオリックス、アドテストが下げ、野村や日立、ホンダも売りに押された、一方、NTTドコモとNTTは小幅に上昇して終えた

【シカゴ支局】米2日、日経平均先物(円建て)は続落
9月物は前日比170円安の8825円で終え、大証2日終値を115円下回った。朝方発表の8月の米雇用統計が低迷し、米景気の減速懸念が拡大、米国株とともに売りが優勢となった
推定売買高は3万8522枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)で、内訳は9月物が3万5759枚、12月物が2763枚だった
二合半株予報 おすすめ銘柄掲載中! 次項有
応援ポチ!よろしくネ!
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by 二合半株予報 at 06:28 | TrackBack(0) | 株 News&Topics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
当情報は、株価及び値動きを保証するものではございません。
応援ポチ!よろしくネ!
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。