2011/09/24 Sat

[週末東証動向で来週をヨム]東証大引け、大幅反落で8500円台 アジア株安で売りかさむ

22日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反落
終値は前日比180円90銭(2.07%)安の8560円26銭と、14日の年初来安値(8518円)以来の低水準
米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を受けた21日の米株式相場が急落し、投資家心理が悪化した
欧州の債務問題を材料に外国為替市場でユーロ安・円高が進み、アジア株が軒並み軟調になったことも売りを誘った。東証1部の7割の銘柄が下げた

TOPIXは反落し、終値は1.66%安だった、時価総額の大きい自動車や金融、不動産株の下げが指数の重荷になった。 
東証1部の売買代金は概算で1兆2098億円、売買高は同17億407万株
東証1部の下落銘柄数は1175、上昇銘柄数は392、横ばいは98銘柄だった

グリー、ファナック、トヨタ、NTTドコモ、国際石開帝石が売られた、三菱UFJや野村など大手銀行・証券株の下げが目立った
一方でファストリ、JT、花王、日本紙が上げ、JR東日本や小田急といった鉄道株が堅調だった

東証2部株価指数は反落し、0.63%安
ソディック、テクノ菱和が下げ、日本医療が上げた
[日経QUICK]

二合半株予報 おすすめ銘柄掲載中! 次項有


posted by 二合半株予報 at 07:10 | TrackBack(0) | 株 News&Topics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
当情報は、株価及び値動きを保証するものではございません。
応援ポチ!よろしくネ!
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。